Menu

アフターピルの避妊力

緊急で避妊が必要になった時にセックス後でも飲用することで避妊ができるお薬があります。
それがアフターピルです。

その仕組みは排卵日をずらすことで受精卵の着床を妨げ、妊娠を回避します。

避妊回避率の効果は時間によって変わってきます。セックス後24時間以内に飲用をすれば95%の確率で妊娠が回避できます。24時間を過ぎてしまうとどんどん回避率は低下していきます。

しかしセックス後でも飲用できるということは即効性があり、その分避妊威力の強いということです。

アフターピルは低用量ピルに比べるとおおよそ8倍ほどの成分が含まれていると言われています。ですので副作用もその分アフターピルの方が強くなります。

アフターピルで起こりうる副作用

お薬には副作用が付きものと言ってもいいでしょう。それは頭痛薬や風邪薬も同様です。副作用が無い飲み薬は存在しないのではないでしょうか。

そしてアフターピルにも副作用があります。

副作用の中でも最も多い症状が吐き気です。その次に頭痛・めまい、腹痛といった症状がみられる場合があります。

副作用が軽くなるアイピル

アイピルは副作用が抑えられている
アフターピルが気になるけど副作用が不安という女性は多くいます。そんな副作用に悩む女性にこそ知ってほしいアフターピルがあります。それがアイピルです。

アイピルは従来の緊急避妊薬と違い、副作用が最小限に抑えられる緊急避妊薬なのです。

また日本のジェネリック医薬品に認定されているので、安全なアフターピルだからこそ人気な避妊薬です。

アイピルでも抑えられない副作用

アイピルは副作用を極力抑えてくれますが、アイピルでも副作用が出てしまう場合があります。副作用はあくまで個人差になってしまうことがある為、飲用した人全員に副作用が出ないというわけではないのです。

しかし従来の緊急避妊薬で副作用の症状を訴えていた女性の7割がアイピルでは副作用が無かったと回答した、というデータもあります。