Menu

なぜアイピルは副作用を抑えることができるのか

副作用が少ないことで知られているアイピルですが、一般的なアフターピル何が違うのでしょうか。

それはアイピルに配合されているレボノルゲストレルが、女性ホルモンの黄体ホルモンと同じ働きをしてくれるからです。

レボノルゲストレルが有効成分となることで副作用を軽減でき、高い効果で妊娠を防いでくれるのです。アイピルはセックス後であっても72時間以内であれば妊娠を回避する力があります。

しかし、服用のタイミングが長引けば長引くほど妊娠確率は上がるので出来るだけ24時間以内には服用できるようにしましょう。

アイピルでも起こりうる副作用

どんなに副作用が抑えられるといっても人には個人差があり、中には副作用を訴える女性もいます。

他のアフターピル同様アイピルにも多くの女性ホルモンが含まれている為、アイピルを服用することで一度に大量のホルモンを摂取することになります。

その時に体が負担を感じてしまい副作用が出てしまうこともあります。

副作用の中で最も多い症状が吐き気です。殆どの場合は軽い吐き気の症状ですが、たまに嘔吐をしてしまう女性もいます。副作用で嘔吐してしまうのが不安な方は市販の吐き気止めや酔い止めなどを一緒に併用しましょう。

市販で販売されている鎮痛剤は併用してもアフターピル自体に影響はありません。

またアイピルの服用は食後にすることで吐き気が抑えられることもあるので空腹時ではなく食事を取った後に服用するのが好ましいでしょう。

副作用が出たら安静にしましょう

アイピル服用後は安静も必要
副作用が出た場合はすぐに鎮痛剤を服用して安静にしましょう。副作用は24時間で無くなります。

中には2日続いたという人もいますが安静にしていれば24時間ほどで体調も回復します。副作用がある際は無理をせずに体を休ませてあげましょう。